両面テープ加工

 

変幻自在の両面テープ加工

変幻自在の両面テープ加工
 
両面テープによる夜間稼働
樹脂製の台座に両面テープで材料を固定し、夜間稼働で数物を加工できます。
1個1個を個別の材料から加工するのと比較して、大幅なコスト削減が可能です。
また、従来の固定方法(挟む、押さえる)だと、このような形状の品物はネックとなるでしょう。
しかし、両面テープによる固定の場合は外周に一切の障害物がなく、たった1工程で全加工が可能です。
   
残留応力の分散
応力の分散
材質:A5052P
 材料には、残留応力があります。
 
挟む、押さえるといった固定では、クランプ部に応力が集中し、
加工後に反りが出やすくなります。
その傾向は、薄物において特に大きくなります。
 
しかし、両面テープ固定の場合は押さえる箇所がないため、
平均的に応力が分散し、反りが出づらくなります。
 
写真のように加工面のほとんどを深く削り込んでも、
反りが出ないのです。
<<横浜伸銅株式会社>> 〒221-0045 神奈川県横浜市神奈川区神奈川2-10-15 TEL:045-461-0941 FAX:045-461-6305